注文住宅を建てたい!

入れ歯で時代の流れを感じます

入れ歯で時代の流れを感じます

最近父が、歯が病むと言って近所の歯医者さんへ通っています。わからないことがあしましたら津市の歯科はこちらです。

 

私は軽く、虫歯かな〜くらいにしか思っていなかったんですが、実は意外な出来事へと繋がっていきました。何かありましたら津市の歯医者をご覧下さい。

 

 

昔治療した奥歯がぐらぐらしていたらしく、結局その歯は削って済むどころか抜く事になったみたいです。
それだけでも切ないのに、穴がふさがるまで待ち、終いにはふさがりきらずに部分入れ歯という結末を迎えました。

 

年齢的には何もおかしくはないのですが、本当にびっくりしました。もし何かありましたら三重のインプラントへご一報を下さい。

 

なんと、我が家で初の入れ歯デビュー者が誕生したのです(笑)

 

これは何気にカルチャーショックでした。たかが部分入れ歯と思うかもしれませんが、その出来事に時代の流れの速さを感じました。ご参考までに津市のインプラントへご利用下さい。

 

 

そして当の本人は、やっぱり違和感があるみたいで金属が舌に触れるのか、「おえっ、おえっ」ってなるみたいです。
入れ歯の型をとる時にも口の中にある感覚が苦手で涙目になっていた父なので、なんと気の毒だったことでしょう。

 

けれど今はいくらか慣れてきたようです。
もしわからないことがありましたら津市のホワイトニングにお越し下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ