注文住宅を建てたい!

私自身の体験です。

私自身の体験です。

私は学生時代に妊娠をして中絶をしました。
その当時はまだ学生だったこともあり水子供養は母に任せていましたが、自分で出来ることはないのかといつも思っていました。
心配なら愛知 水子供養で検索してみよう。
今は実家を離れ他県で暮らしているので水子供養を行ってもらったお寺には帰省した時に手を合わせに行っています。
そこのお寺は水子地蔵が1つだけあり誰でも手を合わせられるようになっていて、住職にお経を読んでもらったりすることはありません。
中絶から何年も経っていますが、今でも行っていることは中絶した日を命日としてひっそりと心の中で手を合わせることです。
ご存知ですか?愛知 永代供養ならココから。
当時のエコー写真なども全て持っていて、母もかなりのショックを受けていたので何年も経ちますがその話題は触れられません。
ですから私には何も残っておらず心の中で時々考えることしか出来ません。
安心の岐阜 水子供養見てみよう。
以前水子供養のサイトを拝見した時に、悔やんでいてはだめ、母親が笑っていなければ亡くなった子供が悲しむだけ。と書いてありました。
私のようにお寺が遠く、手元に何も残っていない人は忘れないことが供養になるのではないかと思います。
ご相談は愛知 納骨から。
自分が悲しむだけ悲しんだら、後は生まれて来れなかった子供の為にも精一杯生きるのが一番の供養なのではないかと思います。
辿り着いたのはこのサイト→愛知 墓地ここから。


ホーム RSS購読 サイトマップ